笑顔の男性

うつ病にも種類がある【タイプの違いで症状が変わる精神病】

心の病に陥ったら

悩んでいる人

対応の変化

ストレスの多い現代社会では、うつ病を患う人も大勢います。最近ではうつ病は珍しい病気ではなく、知名度も高まって誰しもがなりえる一般的な病気と認識されるようになってきています。しかしこのままの社会状態が継続されていけば、うつ病患者はどんどん増えるばかりです。その証拠にうつ病の種類も豊富になり、さまざまなタイプが登場しています。そんな時代になっているために、今後はうつ病気患者の増加を止め、もっと快適に社会生活をおくることができるような世の中に変動させていく必要があるといえるでしょう。そういった取り組みも徐々に増加しており、かつては精神科などの病院だけが頼りでしたが、今では各自治体やNPO法人などでもサポート施設を運営していたり、救済の場所を提供したりしています。また対面式が苦手だったり直接出向くことが出来ないといったケースでは、メール相談や電話相談なども受け付けているところもあります。さらに日本ではまだそれほど浸透していませんが、海外の国では企業や学校に専属のセラピストやカウンセラー、医師などを常在させているといったケースもあります。こうすることで心の疲労を感じたら、すぐさま対応が可能になっているようです。そしてこういった動きは、日本でも今後積極的に採用される可能性が高いといえるでしょう。

いろいろなタイプ

うつ病と一言でいっても、その種類は実にさまざまです。それらの中でも比較的有名な種類のものとしては、一般的なうつ病と呼ばれている大うつ病性障害や小うつ病性障害、躁鬱病とも呼ばれることのある双極性障害や新型うつなどがあります。またうつ病と併発して発症しやすい種類の病気としては、アルコール依存症や自律神経失調症、気分変調性障害や統合失調症、認知症や神経症などが有名です。さらに特定の原因などで発症するものとして、引っ越しなどで発症する白壁症候群や昇進うつ、マタニティーブルーとも呼ばれる産後うつや閉経期うつなどの女性特有のタイプなどもあり、他にも空の巣症候群や季節性うつ、アパシーシンドロームや喪失うつ、高齢者や子供といった特定の年代のうつなどもあります。このようにうつ病には実に豊富な種類があり、ここにあげた一例以外にもまだまだ種類はたくさんあります。よって症状がどれに当てはまるのか、もしくはうつ病ではないのかといった判断は、当然専門的な知識が必要となりますし、その原因によって治療方法もいろいろ異なってきます。そのために素人では判断やサポートといった対応が難しいので、まずは医療機関を受診して、専門医へ相談することをお勧めします。

どのようなものなのか

男性

一般的にうつ病といったときには、躁うつ病のことを指しています。しかしうつ病にはいくつかの種類があります。それぞれに特徴や症状などにも違いがありますが、治療は精神科や心療内科で行うのが一般的となっています。

Read More...

精神疾患の治療

看護師

うつ病には幾つか種類があり、中にはやや症状が分かりにくいうつ病も存在します。この手のうつ病は自殺に繋がりやすいことがあるため、注意が必要です。今後は、長期的に患者をフォローする医師や医療機関が求められていくと予想されます。

Read More...

こころの病

医師

一口にうつ病といってもさまざまな種類があります。いずれの場合も、早期発見が早期治療や早期回復に繋がっていきます。そのために初期症状のサインを見逃さず、思い当たることがあれば専門医に相談することが大切となります。

Read More...

身体的と心因性からのもの

男性

うつ病の種類には身体的な疾患から起きる場合と心因性といわれている二種類に分類されます。その中で見分ける方法も二種類あるのです。表情や言動に常に出せている場合周りの人が注意をしないと気付かない場合があるのです。後者は特に注意が必要になるのです。

Read More...