笑顔

うつ病にも種類がある【タイプの違いで症状が変わる精神病】

身体的と心因性からのもの

男性

見かけだけでは難しい症状

種類には体の病気からと心の病気から起きるうつ病があります。体から起きるものは脳疾患などに伴って起きる症状の一つに鬱状態があります。この場合は鬱状態ですので単独の疾患にはならないのです。でも、治療をしないままでおくとうつ病になります。心の病気からくるうつ病というものはストレスから脳のメカニズムに変化が起きて動くことすら難しくなる病気のことをうつ病と呼びます。種類が別々です。ですからそれぞれ発病するまでの経過に違いがあります。病気を発症した原因を治療することで回復が早くなるメリットがあるのです。疾患が起きる経緯の種類は違いますのでそれぞれの診療科で専門医が処方した治療薬を飲み回復します。またうつ病事態にも種類があるのです。心因性には年齢を重ねて起きる場合や産後に起きる場合もあります。年齢を重ねていくほうのうつ病は認知症から起きることがあります。この場合は患者さんの気持ちを聞き出すことが難しく症状の一つについても落ち込んでいたことを忘れてしまいます。これが長期間繰り返して起こります。うつ病と診断される時は落ち込んでいる期間が続けて定まった期間続いている時に診断名がつきます。するとこの場合は非定型精神病という中のうつ病なのです。

患者の気持ちに気が付くか

うつ病の患者さんが症状を訴えていたとき判断出来るのは表情の行動から程度を推測するものです。その種類の中にはわかりにくい症状が多く隠れています。元気に笑顔で振るまっていると誰でもうつ病には見えないものです。ところがこれが患者さんは周りに気を使っている時の行動であった場合は患者さんにとって辛いことです。辛いと口に出せる人ばかりではないでしょう。そのような場合は気が付かれないので無理をさせてしまいます。また本音を言いだせないという我慢が続くのです。この時の患者さんはとても危険な状態です。かなりのエネルギーを消耗しています。脳のエネルギー供給は食べ物を口から取ることです。この時期の患者さんの危険信号は食欲低下があるのです。また不眠が続いている場合もあります。しかしこの二つの症状はどのような病気でも健康な人にも起きます。この状態は体の病気から起きている鬱状態の患者さんが最も多いです。患者さんの表情や会話の中で気がつくように常に会話をしたりするなどコミュニケーションは欠かせない情報収集の手段です。早期にうつ病になっていることを発見して治療を始めることが何よりも大切になります。患者さんの気持ちを把握することが病気の発病を見つける最善の方法です。